モテないナンパ初心者が躊躇なく女性に声をかけまくったらどうなる?

よくナンパブログなどでナンパ講習というのを募集しています

ナンパ講習の詳しいことはよく解りませんが、もし僕がナンパを人に教える立場で、ナンパの上達方法を聞かれたら

『とにかく躊躇なく女性に声をかけまくれ』

これしか言う事がありません

ナンパを教えてくれるナンパ講習やナンパ教材などイロイロありますが、まず基本として女性に躊躇なく声をかける事が出来ない限り、ナンパは絶対に上手くなりませんし、ナンパの上達・攻略法・必勝法はこれが最強だと言ってもいいくらいです

無差別に声をかけまくれば誰でもナンパは成功するし上手くなる

僕は今までにスカウトやキャッチをたくさんの人に教えてきたんですが、緊張して声がかけれなかったり、まだ仕事に慣れていない新人には、まずは仕事抜きでナンパをさせる事がよくあります

その時も、相手を選ばずとにかく声をかけまくれ、かける言葉は

『こんにちは(こんばんは)どこいかれるんですか?』

これだけでいいいから、それで何かしらの反応があったら後は好きに喋っていいよ。と言って、とにかく女性に無差別に声をかけさせます

それでどうなるかというと、最初は緊張したりテンパったりしてまともに会話になっていなくても、それでも無差別に声をかけまくっていれば、会話も出来るようになり、会話も続くようになり、連絡先交換も出来たり、いつのまにか2人で消えている事もよくあります

その男が特別に喋りが上手いわけでもなく、ルックスもたいしてよくないにも関わらずです

こういう姿を見ていつも思うのが、女性がナンパに反応する理由って、男のトークやルックスだけではないんだなという事です

もちろんナンパでもルックスがいい事、トークが上手い事が有利なのは間違いありません

しかしそれ以上に、女性がなぜナンパに喰いつくのか?という理由は

■ 淋しい。彼氏が欲しい…
■ 誰かに話を聞いて欲しい
■ 1人でブラブラしててもつまらない
■ 喉渇いたけど、1人でカフェ入るのもなぁ…
■ お腹すいたけど1人でお店入る勇気がない
■ セックスしたい。。
■ 嫌なことがあってイライラする。話聞いて欲しい
■ ストレス発散したい

などなど…こんな感じで、案外ささいな事が理由だったりします

ようはその時、ここで挙げたような想いを解消してくれる男性にタイミングよく声をかけられた場合、ルックスやトークよりも、その欲求解消のためにナンパについていく事もあるという事です

実際、声をかけまくってたら、こんな女の子1人でよくいるんですよね

こういう美味しいターゲットにより多く出会うためにも、とにかく声をかけまくるという数勝負は、ナンパの成功には欠かせない方法だと僕は思いますし、これ以上に効果的なナンパの方法はない!とハッキリ断言してもいいくらいです

ナンパは立ち位置も声掛けの内容も深く考えなくていい!

ナンパ上級者は、ナンパでは声をかけるときはの立ち位置はこうで、第一声はこんな感じで笑わせて…というのをやたらと言いたがります(笑)

しかし、ナンパにほとんど成功したことがないナンパ初心者にとって、そのような情報は頭を混乱させるだけの無駄な情報でしかありません

ナンパ実践者の方は何度も経験したことがあると思いますが、急に女性の目の前にカットインしていったり、横や背後に立って知らない男から声をかけられた女性って、こっちが恐縮するくらいにビックリする事がよくあります

結局ナンパの第一声なんて、どこの位置からどんな事を話しかけようが、迷惑行為でしかありませんし、そんな状況で面白い事を言おうとか、どんな場所から声をかけるとか、そんなの気にするは必要は全くありません

ナンパなんて100人に声を掛けても95人くらいには無視される事を前提でやって、第一声は『こんにちは(こんばんは)どこいかれるんですか?』みたいな挨拶程度。これだけを考えて後はひたすら声をかけまくるだけで、ナンパは必ず成功しますし、上手くもなります

声かけや会話などの細かいテクニック的な事は、それが出来るようになってから考えても全然問題ありません

無駄な情報に振り回されないように!

 

ナンパはまず面白い事を言わなければ…立ち位置はあの辺がいいとナンパ上級者が言ってたから…

このような無駄な情報を無駄に知ってる人に限って、結局それに惑わされて振り回されて、ナンパが上手くいっていないのかな~と思いますね

ナンパされる側の女性も、超イケメンや芸人並みの面白さを相手に求めてる訳じゃなく、その時の淋しさや欲求が解消出来て、それなりに楽しく過ごせる相手で十分なんです

その先も仲良くしていけるかは、その後のお互い次第ですからね

今現在、あなたのナンパの成果がイマイチな場合、とにかく行動しまくる、声をかけまくるというのが、何よりも大切で何よりもナンパ上達の近道だという事は、本当に絶対、間違いありません

ナンパ初心者で数をこなしての特訓が嫌な人はナンパ辞めた方がいい

ナンパは最高に楽しい事ではあるんですが、その反面、上級者になるには我慢も大切だったりします

『せっかくのナンパで、自分のタイプの女以外に声なんてかけたくない』
『大量に声かけなんてしなくても、もっとナンパが上手くなる方法あるだろ…』
『ナンパブログ見てたらみんな簡単にナンパ成功してるし、俺もその道を探る!』

こんな感じで、数をこなす事や自分の好み以外の女性に声をかける事に、どうしても拒否反応を示す人もいます

特に、自分のタイプ以外には声をかけたくないという人は多いみたいで、そういう人は、せっかくナンパに出てきたんだから、可愛い子にだけ声をかけて、可愛い子とだけ仲良くなりたいという考えがあるみたいですね

その気持ち、確かに解ります

ただ、もしあなたがナンパの達人で、女性の選り好みが出来るほどの余裕があれば、可愛い子にだけ声をかける『楽しいナンパ』でも全然問題ありません

しかしこれからナンパを覚えよう、もっとナンパの実力を高めようと思っているナンパ初心者さんの場合、数をこなす事から逃げていたら、絶対にナンパは上手くなりません。これは絶対にです

 

ナンパは失敗を積み重ねて上手くなっていく

 

ナンパは声をかければかける程、実力はどんどん高まっていきます

その間に成功と失敗が積み重なり、それが経験値となって、自分なりのナンパテクニックが身に付いていきます

 

なので、継続してナンパで美味しい思いをする為には、初心者時代に数をこなす事は絶対に必要だと、僕は強く思っています

全然タイプじゃない女性にも声をかけまくるという事は、正直苦痛かもしれません

ナンパブログやマニュアルを見れば、みんな楽にナンパ出来てるじゃんと思うかもしれませんが、現実はそう甘くありません

今、ナンパで美味しい想いをしてるような人たちも、余程特殊な能力を持っていない限り、たくさんの女性に声をかけまくり、何度も失敗を重ねて来てるはずです

ナンパで数をこなすとはどういう事か

ちなみに、ナンパで数をこなす、声をかけまくるというのはどういう事かというと、気持ち的には、目の前を通る女性全てに声をかけるくらいに思ってください

現実には、とりあえず自分の母親やおばあちゃん世代、明らかに18歳未満、これ以外は全てナンパの対象として声をかけるべきです
(熟女好きの方は、母親・おばあちゃん世代でもガンガン声をかけて大丈夫です!)

そんな中で、もしこの子のナンパに成功したとしても、絶対にセックスは出来ない…そんな完全タイプ外の女性に遭遇する事もありますが、それでも躊躇なく声をかけてください

仮にその女性が喰いついてきて、お茶でも行けるような雰囲気にでもなれば、それはそれそれでナンパの成功体験のひとつになります。もちろん無理にセックスする必要もありませんし、セックスをしなければナンパは失敗という訳じゃありませんからね

ナンパ初心者の頃に大切なのは、とにかく成功体験を積み重ねる事ですから

全くタイプでもない、セックスもしたくないような女性でも繰り返しナンパをし、どんどん成功するようになってくれば、いざ理想の女性が目の前に現れた時に、その時の成功体験が役立つ時が必ず訪れます

なので、ナンパ初心者のこれから実力をどんどん高めようとしている時期は、とにかく数をこなす事を徹底的に意識したナンパを実践していきましょう

全力で1000人に声かけたら人生変わるかも

目標の声かけ人数はとりあえず最低1000人。これをとりあえずこなしてみてください

1000人に声をかけ続ければいろんな事が起こります

とんでもないラッキーが起こることもあれば、残念な失敗もあるでしょう

しかし、1000人に声をかけるというのはとんでもない経験値になりますし、あなたのナンパの実力は、最初の1人目に声をかけた時と1000人目では、別人のようにレベルアップしています

 

ナンパのライバルがやらない事をやってみる

 

ナンパには大勢のライバルがいますが、ナンパが上手くなりたいと思ってる人の中で、絶対に1000人に声をかけてやる!と思っている人はまずいませんし、それを実際に出来る人はもっといません

なので、これを乗り越える事が出来れば、あなたはかなりの凄腕ナンパ師になっている可能性、かなり高いです

とにかく無駄な事は一切考えず、ナンパが上手くなって可愛い子とセックスしまくる為には、俺にはこの方法しかないんだ!と腹を据えて、頑張ってみてください

1000人に声をかけ終わった後、今とは全く違う景色が見えているはずです

注意!ナンパで絶対やってはいけない事

ナンパで声をかけまくっていく中でいろんな女性に遭遇すると思うんですけど、ナンパって基本、無視されます

無視されるだけならまだましで、声を掛けるタイミングが悪かったり、嫌なことがあってイライラしている女性に声を掛けてしまい、睨まれたり暴言を浴びる事も、ナンパをやっていれば普通に経験する事です

そういう事も含めてナンパだと僕は思ってるんですけど、それを理解出来ていない人、かなりいます

ナンパで無視されたり、気に食わない態度を取った女性に対して腹を立てて、舌打ちをしたり睨んでみたり、中には『うぜーよブス!』みたいな暴言を吐き捨てたりする人もいます

周りのナンパ仲間にそういうのを見せたいのか、それともただの馬鹿なのかは解りませんが、こんな事して喜んでる馬鹿は、もう本当に最低最悪で救いようのない馬鹿です

こういう馬鹿はもうナンパなんかしない方がいいですね

今後ナンパを続けても、こういう事してるようでは絶対に成果は出ないです。こういう馬鹿は

 

1人の馬鹿が広げる迷惑の連鎖

例えば僕たちスカウトマンの場合、1人のスカウトマンが女性にこのような事をやってしまうと、その女性は全てのスカウトマンに対して、嫌悪感を持ってしまいます

そして友人知人に対してや、SNSに

『○○でスカウトしてるスカウトマンにこんなこと言われた。最悪キモい死ね』

みたいな事を言われたり、書かれたりします

そうなると関係ないスカウトマンまで巻き込まれてしまいその場所でスカウトをしているスカウトマン全体のイメージも低下しますし、こういう情報はどんどん拡散されて、営業妨害も甚だしい事になってしまいます

ナンパも同じで、知らない男にいきなり声を掛けられた挙句、舌打ちをされたりブスと言われたら、その女性はどんな気持ちになるでしょう?

場合によっては、心に深い傷を負わせてしまう事になるかもしれません

そして、その女性がナンパに対して憎しみを持ったり、周りにそのような出来事を話す事で、ただでさえ最悪なナンパのイメージがさらに悪化し、健全にナンパをしている人たちまで迷惑を被ります

こんな感じで、1人の馬鹿の馬鹿げた行動がナンパ全体のイメージを悪くする事もありえるので、こういう誰もが絶対にいい気分にならない得もしないような事は、本当に辞めましょう

そもそも、いきなり背後から忍び寄って全く知らない他人に声をかけるという、とんでもなく失礼な事をしているのは僕たちナンパ側の方ですから

そんな相手からは睨まれようが文句を言われようが、本来は仕方がないんですよね…

一度声をかけた相手に対しては『ありがとうございます』『すみませんでした』という言葉をかけるくらい余裕のある人が、今後のナンパの現場では増えればいいなと思う、今日この頃です。。

最後に

上でも書いたんですけど、ナンパで声をかけまくっていると、明らかに自分の好みからかけ離れていて、この子とはセックス出来ないな…という女性にも声をかける事になります

もし、そんな女性のナンパに上手くいった場合、とりあえずは連絡先交換だけはしておく事をおススメします

というのは、性欲がMAXでどうしてもセックスがしたい。だけどタイミングが悪くて、どうしてもセックスの相手が見つからない。かといって今から風俗に行くのもなあ…オナニーもな…って時

そういう時に、救世主になってくれる事があるんですよ

そういう緊急事態の時って、そんな相手でも余裕でセックス出来たりします

そしてそんな相手が実は凄かったりするんですよね、、(体験談・笑)

最後に その2

スカウトマンの場合も、圧倒的な結果を出す人というのは、とにかく数をこなしている人です

出会い系サイトやSNSを使ってるスカウトも多くて、それも含めてとにかく成果を出しているのは、徹底的に数をこなしている人です

僕の経験上、スカウトでもナンパでも失敗すればする程、その経験の積み重ねで成功の期待値はグングン上昇していき、数をこなせばこなすほど、美味しい思いをする確率はどんどん上がって行きます

失敗を恐れず、相手を選ばず声をかけまくる

これをナンパの教訓として、常にその気持ちを忘れないように、どんどんナンパをしてもらえたらなと思います