ナンパテクニック

なぜナンパは緊張するのか?その原因と対策を風俗スカウトマンが伝授

このサイトでは出会いの場の1つとしてナンパをおすすめしてるんですが

風俗スカウトマンがおすすめ!ナンパで超美味しい女性はこんな人出会いの手段のひとつとしてナンパはとてもおすすめで、僕自身もナンパをする事がよくあります そしてこのサイトでも、ナンパが上手くなる...

ナンパって最初はみんな簡単に出来ると思ってハイテンションで始めるんですけど、すぐに挫折する人がたくさんいます

挫折するって事はナンパが上手くいかないからなんですが、なぜ上手くいかないのか?その理由で多いのが『ナンパに出ても緊張して声がかけれない』これなんですよね

確かにナンパを始めて最初から緊張もせずガンガン声をかけれる人の方が珍しいかもしれません

しかし『緊張して声がかけれない』という問題を解決しない限り、ナンパはどうにもなりませんし、ナンパでいろんな女性に出会いたいという願望も夢物語で終わってしまます

そこで今回は、なぜナンパで緊張するのか?その主な原因と、その緊張を解決するための対策を挙げてみたいと思います

このことに関しては、今までにいろんなナンパやスカウト、キャッチなどを見てきて、感じる事がイロイロあるので、参考にして頂けたらと思います

「ナンパの台本」を実際に購入してみた感想と評価【限定特典付き】ナンパテクニックやナンパの方法に特化した教材 『ナンパの台本』 ナンパ大好きな管理人が実際にナンパの台本を購入し、どのような...

なぜナンパで緊張して声をかけれないのか? その原因と対策

1・恥ずかしさ

ナンパで声をかける事が出来なかったり、緊張してしまう最大の原因は『恥ずかしさ』だと思います

『周りの人に自分のナンパしている姿を見られるのが恥ずかしい』

『失敗したり無視される姿を人に見られるのが恥ずかしい』

『自分の下手なナンパを声をかけた相手になんて思われるか、、』などなど…

自分が恥ずかしい想いをする事を想像してしまい、足が止まってしまうわけです

でもこれは仕方ないんですけどね、最初は

 しかし!他人のナンパには誰も関心がない

このナンパ=恥ずかしいというイメージ、これって実は思い込みな部分が大きくて、自分の中ではナンパしてる姿を誰かに見られるのが恥ずかしいと思っていても、実は自分が思う程そのナンパは誰かに注目されていません

道行く人は、繁華街でナンパをしている他人がいたとしても、それに注目してジーッと見ている人なんてほとんどいません

もしナンパを注目して見ている人がいるとすれば、それは同じくナンパをしている人やキャッチなど、同じような立場にいる人たちくらいのものです(それでもずっと見続けてる訳ではありません)

あとは、あ~ナンパしてるな、くらいの関心度です。通りすがりの他人にとっては

繁華街を歩いている人たちにとっては、キャッチやスカウトみたいに女性に声をかけてる男を見るのなんて、あまりにも日常的な景色すぎるんです

はっきり言って他人のナンパなんて、どれだけ失敗してようがどうでもよすぎる光景なんですよね

2・失敗が怖い

『勇気を出して声をかけたのに、失敗したらどうしよう…』

『冷たい態度で追い払われそう…』

『声をかけてもし怒られたりキツい事を言われたらどうしよう…』

これもナンパ初心者の頃は思うかもしれません。恐怖心とでも言うのでしょうか

女性に冷たくあしらわれる事で急激にナンパのテンションが下がってしまう事もあるかもしれません

しかし、ナンパは失敗して当たり前ですし、実際、冷たい態度で追い払われたり、キツい事を言われる事もよくあります

だけど、このような失敗をどんどん繰り返していかないと、ナンパの成功も成長も絶対にありません

たくさんの失敗を繰り返していく中で、たまに笑顔で喋ってくれる子に出会ったり、素直に連絡先を交換してくれる子に出会ったり、びっくりする程簡単にセックスが出来る子に出会ったりします

長い期間ナンパを続けている人は、その成功の時の嬉しさや快感を知っているからナンパを続けているわけで、もちろんそれまでに失敗なんてしまくっています

ナンパに成功した時の喜びを何度か経験してしまえば、無視されたり冷たい態度を何人にされようが、そんな失敗、なんの苦痛にも感じません

可愛い子と仲良くなったり、セックスしたりという最高のナンパ成功体験に比べれば、無視されたり冷たい態度を取られることなんて、そのうちなんとも思わなくなってきます

 ナンパは失敗しまくって上手くなる

ナンパ失敗の恐怖を克服するためには、とにかく成功体験を一刻も早く味わう事です

そのためにもどんどん声をかけまくって失敗しまくってください

失敗すればするほど、ナンパでの気づきも増えて、実力も付き、それが成功に繋がっていきます

でもその前にはもちろん、身だしなみを整えたり明るく声をかける事を心がけたりなど、ナンパを成功させるための努力も必要ですよ!

3・自分のナンパの実力に自信がない

『女性が立ち止まってくれるような上手な声のかけ方が解らない』

『そもそも自分の声かけはこれで本当に正しいのだろうか…』

『声をかけてから喋る内容や、連絡先を聞き出すタイミングがよく解らない…』

ナンパ中にこんな事を考えてしまうと、それだけで足が止まってしまいますし、言葉も出てこなくなります

でもこれ、そういう事を考えても仕方がないとしか言いようがないんですよね…

最初はみんなナンパが下手で当たり前です。しかし、ナンパは経験を積めば積むほど確実に目に見えて上達していきますし、自分の声かけのパターンも確立されていきます

とにかくナンパの実践経験をどんどん積んで、失敗と成功を繰り返しながら自分の形を作っていき、大きく成長して行きましょう!

※声のかけ方やトーク内容など、基本的な事がどうしても解らない場合は、このようなナンパ教材に頼るのも有効な手段です

「ナンパの台本」を実際に購入してみた感想と評価【限定特典付き】ナンパテクニックやナンパの方法に特化した教材 『ナンパの台本』 ナンパ大好きな管理人が実際にナンパの台本を購入し、どのような...

4・女性と接してきた経験が少ない

女性の扱いや接し方に慣れていないと、ナンパで初対面の女性に話しかける事は、相当な緊張があると思います

そこで!そういう場面に慣れていったり、今後の女性慣れ対策として、僕がおススメするのは出会い系サイトです

出会い系サイトの女性なら、駄目で元々の気持ちで積極的に接する事が出来るので、ナンパで女性と接するうえでの練習にも最適です

女の子の反応を見たり、トークでの感触を確認したり、実際のナンパでの行動をイメージしながら出会い系サイトを使ってみると、かなりいい結果が得られるはずです

出会い系サイトは実際に僕が使って見て、おススメしているサイトがあるので、よろしければこちらも参考にしてみてください

超おすすめ出会い系サイト PCMAX(18禁)

 女性に慣れるためにいろんな場所でどんどん女性に接していこう!

ナンパは初対面の女性とコミュニケーションを取らないといけないので、やはりある程度は女性に慣れていないとキツいのは確かです

出会い系サイト以外でも、例えば飲食店や家電量販店など、女性スタッフがいる場所でお客さんとして会話をするだけでも、女性と接する練習になります

婚活パーティーや婚活バーなどもいろんな女性がいるので、そういう場所に積極的に参加してみるのもいいかもしれません

ナンパでスムーズに声かけが出来るまでは、女性のいる場所、話が出来る場所は、全てナンパの練習だと思って行動するくらいでいいと思いますね

5・綺麗な女性だと声をかけにくい

誰がどう見ても綺麗な人や、オシャレでスタイルが抜群な人など、相手のレベルが高ければ高いほど声をかけるのをためらったり緊張するという人が多いのですが、なぜそうなるかというと、ほとんどの場合

『俺があんな可愛い子に声をかけても絶対に無理だから』的な理由です

しかし、今までに仕事も含め、何千人、何万人と女性に声をかけ続けた経験から言わせてもらうと、ナンパはブスだから簡単とか、美人だから難しいとか、そういうのは完全にただのイメージでしかありません

世間的にブスだと思われているような女性でも、ナンパには全く見向きもしない人もいれば、信じられないような美人が簡単にナンパについてくる事もよくあります

美人もそうでない人も、区別なくひたすらナンパを繰り返していけば、ちょうど同じくらいの割合でナンパ成功率は収まってきます

世間でのナンパのイメージは、ブスは簡単で美人は難しいという、小学生の言い訳みたいな事が定説になっていて、僕からするとみんな何言ってんだ…?としか思えないんですが、僕の経験上、こういう事を言う人に限ってそのブスすらロクにナンパが出来ないような人なんですよね。。

ナンパをするなら、このような意味不明な固定観念を捨てた方が絶対に美味しい想いは出来るので、とにかく可愛い子でも超タイプの子でも『どうせ自分なんて…』『綺麗な人は緊張するな…』という無駄なことは一切考えずに、どんどん積極的に声をかけていきましょう

 ナンパは美人に声をかけないと損しかしない

こういう言い方は失礼なんですが、美人な人がナンパやキャッチで反応してくれた時の嬉しさは、美人じゃない人の時に比べて、テンションの上がり具合は断然違います

失敗しても仕方がないと思える気持ちも、美人とブサイクでは天と地ほどの差があります

なので、ナンパはどんどん積極的に美人に声をかけるようにすると、前向きな気持ちを持続出来ると思いますよ!

それに、美人のナンパに成功した時のリターンは凄まじいですよ~

※注意 友達とのナンパについて

1人でナンパするのは緊張する、恥ずかしいからと、必ず誰かと一緒じゃないとナンパをしないという人がいます

ナンパブログなどでもナンパ仲間と一緒にナンパする事を勧める記事もよく見かけます

確かに仲間と一緒にナンパをする事にメリットはあって、仲間が声をかけてる姿に触発されて、よし自分も!と気持ちを高める事が出来たり、仲間のおかげで美味しい思いにありつける事もあったりします

そして何より、楽しくナンパが出来るというのも、仲間と一緒にナンパをするとても大きなメリットですよね

しかし!せっかく仲間とナンパしてるのに、そのメリットを全く生かさないどころか、完全に逆効果にしてしまってる光景をよく見かけます

というのも、複数でナンパをしている人たちって、ナンパをしに来てるのか、それともただ仲間とグダグダ喋りに来てるのか、いったいどっちなの?ってくらい立ち話に没頭してる事がよくあります

更に酷いのが、目の前に絶好のターゲットが通ってるにも関わらず、お互いが譲り合ってるうちに、結局誰も声をかけずに逃がしてしまったり…

こんな事になるくらいなら、わざわざ群れてナンパするより、絶対1人でやってる方がマシだと思うんですよね。。

 ナンパは1人で出来ないと話にならない

ナンパで出会いを探したい、ナンパで美味しい想いをしてみたいと本格的に考えている人の場合、いろんな時間、いろんな曜日にナンパをすると思います

そして、ナンパをする時って、いつでもナンパ仲間や友達と一緒に出来る訳でもなく、たぶんほとんどの人が、1人のナンパを何度も経験していく事でしょう

そうなった場合、仲間がいるからナンパが出来る、1人じゃナンパをする勇気がない、恥ずかしいから無理とか、そんな甘ったるい事は言ってられない訳です

なので、ナンパのテクニックを上達させ、楽しい出会いを満喫するためには、どこでも1人で、なんの躊躇なくナンパが出来るようになるというのが、最低条件でもあるのです

1人のナンパ、複数のナンパ、どちらもメリット・デメリットがあるのは当然ですが、まずは1人でのナンパがなんの躊躇もなく出来るようになるというのを最優先に目指すべきだと僕は思います

それが出来るようになってから、ナンパ仲間を作ったり、ナンパに興味のある友達を誘ってみるのが、複数ナンパの理想かなと思いますね

1人でガンガン攻めのナンパが出来るような人は、例え仲間が周りにいたとしても、無駄話なんてしてる場合じゃないという気持ちでナンパに打ち込めるはずなので

 それでも、どうしても仲間と一緒にナンパしたなら…

もし、自分はどうしても一人のナンパは絶対無理!友達と一緒にしかナンパしたくない!という場合

あまり仲間同士で近寄りすぎず、目の届く範囲で離れて、それぞれの場所でナンパするというのならまだマシだと思います

近くでグダグダ喋ってたり譲り合ってるうちにどんどん機会損失するという事も、多少は減らせるはずなので

ちなみに僕の場合、複数で譲り合いの気持ちを持ちながらナンパするよりも、自分が行ける範囲は全部行きたいと思ってしまうので、ナンパは基本1人派です

これ結構前の話なんですけど、スカウトの仕事で、のちに超人気風俗嬢になって、その後AV女優に転身した女性を目の前でスカウト仲間に持って行かれた事があるんですけど、あれが結構なトラウマになっていて、こういうのは楽しくとか譲り合いとか思ってたらロクな事ないって痛感してるんですよね…

あれ、声かけるの数秒遅かっただけで何百万損したんだろうかって、今でも思うことたまにあります…(´;ω;`)

まとめ

ナンパって縁とか運命、タイミングがあって、緊張して声かけれないから…で済ませていると、とんでもなく後悔する事になるかもしれません

目の前を通った可愛い子、超タイプの子を、声もかけずにその場で素通りさせてしまったら、その人に次会える可能性は限りなくゼロに近いですし、大概の場合はもう二度と会えません

また同じ場所で同じ時間にナンパしてたら会えるだろうと思うかもしれませんが、特に都会の繁華街でナンパをしている場合、その可能性はほぼないと思っていいでしょう

なので、後になって後悔しないためにも、気に入った子を見つけたら、緊張しようが足が固まろうが、今以外、もう一生会えないという思いで、とにかく何があっても声をかけるべきだと僕は思います

「ナンパの台本」を実際に購入してみた感想と評価【限定特典付き】ナンパテクニックやナンパの方法に特化した教材 『ナンパの台本』 ナンパ大好きな管理人が実際にナンパの台本を購入し、どのような...

 

ABOUT ME
もっちー
もっちー
元ホストの店長 。その後大型風俗グループの専属スカウトマンに転身 。現在は独立してフリーの風俗・キャバクラスカウトマンとして活動中 。このサイトでは今までの仕事の経験を生かし、恋愛系の記事をメインに書いています 。趣味は読書と映画鑑賞。熱狂的な阪神タイガースファン