恋愛系コラム

超怖い性病…代表的な性病6種類 その症状と治療方法

このサイトではイロイロな恋愛教材を紹介していますが、恋愛教材で恋愛テクニックを勉強し、女性にモテる生活になれば、当然のことですが、セックスの機会は今までよりも断然増えてきます。最高ですね

しかし、セックスの機会が増えてくると同時に『性病』にかかるリスクも高まります

性病といえば一昔前は風俗で感染するものだというイメージがありましたが、今は一般女性から性病に感染する事もかなり増えてきています

性病は重病に繋がる可能性も…

性病には様々の種類がありますが、そのほとんどが風俗店を含む、性行為を経由して感染します

性病の種類や症状によっては、精子に影響が出て不妊になったり、下半身周辺のガンの原因になる可能性もあり、放置しておくと後々取り返しのつかない事になる場合も、、

ここでカミングアウトしますが、実は僕も過去に何度か性病に感染してしまったことがあり、泌尿器科のお世話になりました…(いつも同じ病院に行くので、先生に小言を言われた事もあります、、)

なので、その体験談も交えつつ…(^^;

この記事では、普通のセックスや風俗で感染しうる代表的な性病の種類やその症状、もし性病にかかってしまった場合の治療方法について解説していきます

性病はあなたにとっても決して他人事ではありません

これから先の人生、誰かとセックスをする以上、常に性病のリスクを背負っています

この機会に是非、性病の種類や症状についてしっかりと理解しておきましょう!

風俗店では風俗嬢に性病検査を義務付けているお店もあれば、検査義務はなく、風俗嬢任せなお店もあります

風俗嬢も自ら定期的に性病検査に行ってる人もいれば、全然性病検査なんか行かないという風俗嬢もいます

風俗に行けば性病にかかる可能性が大きいから危険だよ!!というほど大袈裟な事はないんですが、やはり一般女性とのセックスに比べると、風俗は性病のリスクは上がるかもしれません

主な性病の種類や症状と治療方法

クラミジア

 クラミジアの症状

クラミジアは世界中で最も感染者の多い性病だと言われています(男女とも)

しかし、クラミジアは感染しても自覚症状も目に見える違和感もほとんどありません

そのせいで、自分がクラミジアだと全く気がつかないでクラミジア菌を体内に抱えたままセックスをしてしまい、相手に移してしまう事がよくあります。怖いですね…

ちなみに、クラミジアに感染しているのに気づくのは、他の性病で病院に行った際、クラミジアにも感染してますよと宣告されるという場合が多いみたいです(僕もそうでした…)

痛いとか痒いという症状がほとんどないので放置しがちなクラミジアですが、もし下半身にいつもと違う何かを少しでも感じた場合!

その直前にセックスをしたり、風俗に行ったり、なんとなく心当たりがあるようなら、病院に行ってみることをお勧めします

女性の場合もクラミジアの自覚症状が薄く、全く気付いていない事がよくあります

いつもより濡れやすくなってるとか、おしっこの時痛いなどと言っている女性はクラミジアに感染している可能性があるので、会話中そんな話題が女性の口から出たら要注意ですよ!

 

 クラミジアの治療方法

クラミジアの治療方法は、病院で渡される抗生物質を服用していればすぐに治ります

しかしせっかく治っても、感染経路かもしれない同じ相手とまた性行為をすればすぐに再発してしまうので、その相手にも注意や診察は呼びかけてあげましょう

ちなみにクラミジアは放置してても自然に治るという都市伝説的な噂がありますが、専門のお医者さんに聞いたところ、これは全くのデマだそうです。しっかりと指定された抗生物質を服用して治してください

尖圭(せんけい)コンジローマ

 尖圭コンジローマの症状

この尖圭(せんけい)コンジローマという性病、発症者の患部の画像をみるとかなり衝撃的です…(画像検索すると出てきますがかなりのグロ画像なので、もし見るなら覚悟して見てください…)

男性の場合、ペニス周辺からアナルにかけてピンクのイボのようなものが出来て、ブロッコリーのような形に膨れ上がってきたりします

症状が悪化してくると、イボがペニスを覆う程巨大化し、オシッコや射精にまで支障をきたす事も…

また、症状が悪化してくると痒みや痛み、出血などが出てきて、生活に支障が出るレベルの苦痛に襲われる場合もあります

しかも、尖圭コンジローマにかかってしまうと、そこから更にいろんな性病に発展していったり、陰茎癌の原因にもなってしまう場合もあるという、とても怖い性病です

 

 尖圭コンジローマの治療方法

もし尖圭コンジローマにかかってしまった場合、治療法はイボをレーザーで除去するのが一般的です

しかし、尖圭コンジローマは1度感染すると再発率がかなり高く(治療後3か月以内の再発率なんと約25%!)完治するまでには5~10回ほどは同じような治療をする事になるかもしれません

一応、半年再発しなければ完治と言えるようなので、そこを目指して治療をしていく形になります

レーザー治療以外にも、軟膏による治療や凍結治療などもあるんですが、レーザーに比べ時間がかかったり再発率が高かったりするので、尖圭コンジローマに感染した場合はレーザー治療を最優先に考えた方がいいですね

淋病

 淋病の症状

淋病に感染すると、男性の場合はペニスの先から白い膿が出てきたり、尿道の出口が炎症を起こし、パンツが当たるだけで激しい痛みに襲われる事もあります

性病の中でも特に激しい痛みを伴うのも淋病の特徴です

実は僕も淋病を経験したのですが、本当にペニスの先端がパンツに当たるたびに顔を歪めるくらいの痛みがあり、普通に歩いてても常に痛いという状態でした

パンツも膿で汚れてしまい、それも不快です…

淋病も症状がキツい場合、高熱が出たり不妊の原因になる場合もあります

 淋病の治療方法

淋病の治療方法は、病院から処方される抗生物質と注射や点滴などがあります

ちなみに僕の場合は大きくて太い注射を二回、二日に分けてお尻に打たれました

若い女性の看護師さんに打たれたので、ちょっと恥ずかしかったです…

性器ヘルペス

 性器ヘルペスの症状

性病の中で発症しやすいランキングがあるとするならば、クラミジアについで多いのが、この性器ヘルペスです

性器ヘルペスの症状は、激しい痛みを伴う『急性型』と、再発を繰り返す『再発型』の二種類があり、性器やその周辺が赤くただれたり、水膨れに似た症状を発症します

 性器ヘルペスの治療方法

治療は注射や抗生物質、軟膏などが処方されますが、他の性病と比べても完治には時間がかかり、再発もしやすいのが特徴です

再発の原因もアルコールの飲みすぎやストレス、紫外線など、セックスや風俗通いと全く関係ない事が原因で再発してしまいます

性器ヘルペスの治療中は、これらの事にはなるべく注意して生活するようにしましょう

毛じらみ

 毛じらみの症状

毛じらみに感染してしまうと、とにかく陰毛周辺が凄まじく痒くなります

本当に凄まじい痒さです…

他の性病のように痛みや重病に発展する危険は特になく、ただただ、ひたすらかゆいというのが毛じらみです

 毛じらみの治療方法

病院でパウダー状の薬品を渡されたり、薬局でも毛じらみ対策の薬は売られているんですが、一番手っ取り早いのが、陰毛を剃ってしまうことです

恥ずかしさや抵抗感などあるかもしれませんが、痒さから一刻も早く解放されるには結局これが一番でした。経験上…(´Д`;)

布団や下着にも毛じらみが付着している場合があるので、その周辺のモノもしっかりと洗濯して干した方がいいでしょうね。もしくは捨ててしまうか

毛を剃ってしまうと、それが恥ずかしくない人以外、しばらくセックスも風俗もお預けになってしまうので、症状といい、後処理といい、毛じらみは本当に厄介です。。

HIV(エイズ)

 HIV・エイズの症状

性感染症の中でも一番怖いのは、やはりこのHIV・エイズでしょう

HIV・エイズは感染してから発症までの潜伏期間が約10年もあり、その間に何か症状が出てくる訳でもありません

初期症状としては、40℃前後の高熱が出たり、喉や関節の痛みなど、インフルエンザとよく似た症状が現れると言われています

昔は男性の同性愛者特有の病気だと思われがちでしたが、今では男女間でも感染が爆発的に広まっています

HIV・エイズも日本ではどんどん増加していますし、日本人にとっても恐ろしいデータがたくさん出ているので、これは本当にしっかりと意識して対策していかなければなりません

風俗の場合、一般的な風俗(ヘルスやピンサロなど)では、生本番&超不運でもない限り、エイズに感染する事はないと思いますが…

高級ソープなど生本番が基本のお店はちょっと怖いですね

一応そういうお店で働いてる風俗嬢はエイズ検査に通ってはいるんですが、それでも完全に安全とは言い切れないと思います

まあこういう高級店・生本番のお店に通う場合は自己責任という事で…

 HIV・エイズの治療方法

現状、エイズの発症を遅らせる薬は出ているようですが、エイズに関しては特効薬はなく、感染してしまった場合は、発症を遅らせながら、根気よく治療を続けていくしかありません

近い未来にはエイズの特効薬が必ず開発されるはずなので、今はその特効薬の登場を待つしかありませんね

最後に

性病に感染するというのは、自分に降りかかってくるまでは、正直、完全に他人事です

しかし、性病は誰がいつ感染するか全くわかりません

『自分が性病なんてかかる訳がない!』『今まで何回も風俗行ってるけど全然大丈夫!!』って、みんな思うんですけど、毎日どこかでそう思ってる人が性病に感染しています

例え相手は風俗嬢でもない素人で、性病なんてまさか持ってる訳ないと思っても、そのまさかは普通に起こります

性病に関しては慎重すぎるくらいでもいいと思いますし、もし性病が気になるなと思ったら、せめて一年に一度くらいは検査に行ってみてもいいかもしれませんね

 

ABOUT ME
もっちー
もっちー
元ホストの店長 。その後大型風俗グループの専属スカウトマンに転身 。現在は独立してフリーの風俗・キャバクラスカウトマンとして活動中 。このサイトでは今までの仕事の経験を生かし、恋愛系の記事をメインに書いています 。趣味は読書と映画鑑賞。熱狂的な阪神タイガースファン